2014年1月25日土曜日

プロモデラー金子辰也 超ダイオラマ展

プロモデラー金子辰也  超ダイオラマ展
プロモデラー金子辰也  超ダイオラマ展
プロモデラー金子辰也  超ダイオラマ展
プロモデラー金子辰也  超ダイオラマ展

  • 日程:1月21日(火)~28日(火) 
  • 時間:9:00~19:00(最終日は18:00まで) 
  • 場所:1F 花の広場 
  • ※観覧無料超ダイオラマ展

「プラモデル」を一番幸せにできる男 プロモデラー・金子辰也の超絶ワールド!
プラモデルを抜群のセンスと卓越した技術で生き生きとしたダイオラマ(情景)に変える。
多くのモデラーに絶大なる影響を与える金子辰也のセカイがここに! 


<金子辰也プロフィール> 

1953年(昭和28年)新潟県生まれ、東京都、埼玉県にて育つ。
小学校低学年時に作った三共のピーナツ・シリーズ以来プラモデル、模型、ジオラマに魅せられ日本のプラモデルの歴史とともに現在に至る。1977年模型専門誌「Hobby JAPAN」にてモデラーとしてデビュー。以来30年以上ミリタリーモデルを中心に航空機、艦船、キャラクターなど多岐に渡り、常にアイデアと視覚に訴えるジオラマ作品を製作発表し続け、日本に置ける情景模型のあり方を確立した。
TVチャンピオン「プロモデラー選手権」第3回、第4回覇者。カルチャースクール東急BE「模型講座」講師。
過去には雑誌「男の隠れ家ONLINE版」にて、模型全般にわたる週間コラムを連載。模型誌「パンツアーグラフ」編集長を務めた経験も持つ。

著作等 

「金子辰也ダイオラマ・スタイル・ブック」大日本絵画刊/DVD「プラモつくろう(Vol.1&Vol.4)」発売元:フジテレビ映像企画部、など。
桑沢デザイン研究所卒
グラフィックデザイナー プロモデラー

プラモデルを1/1で作る会 製作 ドイツ戦闘車両 ヴィーゼル2 特別展示
全幅1900mm×全長4000mm×全高1700mmそこにはドイツ戦闘車両 ヴィーゼル2が!
しかしそれは本物ではありません。1/35のプラモデルを事細かく採寸して1/1スケールを作りました。
全てが手作り!その出来栄えを実物でお確かめ下さい。

金子氏の出演によるDVD「プラモを作ろう」も常時上映。
・・・金子辰也が挑んでいるのは、日本海軍 戦艦大和。
「男たちの大和」公開時の限定パッケージで喫水線で切られたウォーターシリーズ。ジオラマのテーマは造船所。基本塗装を終え、全体に施すエイジングはジオラマに歳月を刻んでいく。古びたコンクリート、赤サビ、港の面影そして生活感あふれる民家。この情景に青い海が現れる。それら全てが主役の大和を引き立たせている。
日常と非日常が共存する日立造船所、堂々の完成。
※完成したジオラマも展示します。

日本を代表するタミヤプラモデル収集と研究で有名な「田宮模型歴史研究室」の協力による貴重なビンテージキットを展示。
マニア垂涎の貴重なキットは17点、その他に、古いギヤボックスや完成品など展示します。

金子辰也ジオラマ展 出展候補作品 

  • WHAT HAPPENED 
  • カスモサウルス 
  • フラミンゴ 
  • リカバリー 
  • ロンサムカウァ 
  • 石橋 
  • 地獄から勝利へ 
  • 忠臣蔵 
  • 羊飼い 
  • 思い出(TVチャンピオン) 
  • 海岸通り 
  • 馬たち 
  • カリプソ号 
  • シーウィンド 
  • ひまわり 
  • 巨大蜘蛛の襲来 
  • 森をぬけて 
  • 風車 
  • 尾道戦艦大和セット 
  • ベイト 
  • SIROCCO 
  • DUKW (1/35) 
  • PURSUIT BATTLE 
  • SCHEUNTOR 
  • SLOGAN 
  • BAGHDAD 2003 
  • BROTHERS 
  • MINE FIELD 
  • NASHORN 
  • FREE FRENCH 
  • CONVOY 
  • A SUBMARINE OF UNKNOWN NATIONALITY 
  • DUKW (1/72) 
  • THE REMAINNING SNOW 
  • LA BANDIERA DELLA PICCOLA STRADA

0 件のコメント:

コメントを投稿