2015年12月6日日曜日

こころのアート展~表現することは生きること~

こころのアート展~表現することは生きること~

―障がい者の社会参加から就労へ― 

  • 期間:12月3日(木)~9日(水) ※障害者週間 
  • 時間:9:00~22:00 
  1. ※初日の12月3日(木)は、13:00~22:00まで 
  2. 最終日の12月9日(水)は、9:00~15:00まで 
  • 場所:1F 花の広場 
  • 展示作品:絵画、彫刻、版画、陶芸、書道、手芸、工作など 

私たちが出会えなかった表現があります 
こころを和ませてくれるもの 
こころ迫りくるもの ほとばしる衝動に満ちたもの 
こころのアートにふれる喜びを、もっと多くの人と分かち合うために 
こころのアート展を開催いたします 
ぜひ、展示会場へお立ち寄りください 

越谷市内在住の障がいのある方、障害福祉サービス事業所等や特別支援学校・特別支援学級でアートに取り組む方々の作品を展示し、社会参加から就労に向けた支援をします。 
こころの情熱(パッション)を感じてください 

【応募者紹介】 

手がつかえなくてもあきらめない 
19歳の時に自動車事故に遭い脊椎を損傷し、四肢マヒとなった。 
その後、車いす生活を余儀なくされ、肩から下の感覚がない。 
自立への道を模索し、絵の先生や仲間との出会いを経て、口で油彩画を描き始める。 
「口で描くといってもばくぜんとして分からないと思うので、姿を見て何かを感じていただければ嬉しい」 
「展示作品に鮮やかな絵が多いのは、画家の前向きな思いが、明るさや動きに表れているんだと思う」と話す。 

【主催】 

  • 越谷市障害者就労訓練施設しらこばと 
  • 〒343-0011 越谷市増林5830-4 
  • TEL:048-965-6594 FAX:048-965-6597 
  • 管理運営:指定管理者 社会福祉法人 越谷市社会福祉協議会

0 件のコメント:

コメントを投稿